Just another WordPress site

menu

ドラマのキャスト総合館

医龍実写のキャストをおさらい!

医龍は漫画が原作の大人気ドラマシリーズです。

フジテレビの木10枠で全4シリーズ放送されました。

漫画が原作ですが、シーズン2~4は完全オリジナルストーリーです。

 

実写版医龍のキャストはこの人!

朝田龍太郎:坂口憲二

チームドラゴンのリーダー。

専門は胸部心臓外科。

NGO所属していた時に、火災現場で救護中に青い炎が降りかかり、背中に龍のような火傷を負った。

日本で初めて新形式のバチスタ手術を成功させた医師。

 

里原ミキ:水川あさみ

チームドラゴンの1人目。

オペ看護師として、並みの医師よりも優秀な腕をもつ。

朝田とは親密な関係で付き合いも長い。

シーズン3では出演していない。

 

伊集院登:小池徹平

チームドラゴンの2人目。

朝田から多くの影響を受け、医局で揉まれながら成長している若き優秀な医師。

『ボクちゃん』『真ん中分け』などと呼ばれていたり、いじられキャラな一面もある。

 

藤吉圭介:佐々木蔵之介

チームドラゴン3人目。

循環器内科が専門。

自身が心疾患を患っていてペースメーカーを使用している。

 

激務から妻に離婚されてしまい、娘を男で1つで育てている。

娘も心疾患を患っており、入院している。

 

加藤昌:稲森いずみ

朝田を引き込んでバチスタ手術を成功させ論文を完成させ教授の座を狙う女性医師。

チームドラゴンの4人目。

恋人の裏切りで、バチスタ手術の成功論文を先に提出されてしまう。

 

荒瀬門次:阿部サダヲ

チームドラゴンの5人目。

天才麻酔科医で、患者の体重を寸分狂わず当てることが出来る。

過去に非人道的な麻酔論文に関与していたことからチーム入りが危ぶまれたこともあった。

 

野村博人:中村靖日

チームドラゴン6人目。

臨床工学技士で、実力派確か。

過去に外科医から医療ミスの責任を取ら瀬れたことがあり、対人恐怖症となった時期もあった。

 

外山誠二:高橋一生

チームドラゴンの7人目。

朝田が最高のレベルと認める外科医。

自身の腕にかなり自信があり、朝田をライバル視していた時期もある。

シーズン2と3に出演。

 

松平幸太郎:佐藤二郎

チームドラゴン8人目。

専門は消化器外科。

過去に論文改ざんなどの問題を起こしており、予後不良な患者だけの治療する担当になっていたが、最終的に医療ミスを押し付けられ病院を去った。

その後、酒に溺れ一度はメスが握れなくなったが、チームドラゴンに入ると決めてからは酒を断った。

 

小高七海:大塚寧々

チームドラゴン9人目。

朝田のスピードについていける麻酔科医は小高と荒瀬のみ。

わずかな心雑音から病状を言い当てることができる。

指示も的確で、患者の状態を立て直すことの出来る名医。

 

 

医龍実写版のキャストまとめ

今回は実写版医龍のチームドラゴンメンバーをご紹介しました。

シーズン2以降はオリジナルストーリーなので、登場人物も増えてさらに楽しめます。

ぜひ視聴してみて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031