Just another WordPress site

menu

ドラマのキャスト総合館

ドラゴン桜のキャスト!先生役をやった人の詳細を公開!

2005年に放送された、マンガを原作としたドラマ「ドラゴン桜」。

当時、一大ブームになる程の人気を博し、出演したキャストは今や名立たる俳優ばかり。

そんなドラマ「ドラゴン桜」のキャストの中でも、先生役をしていた俳優さんについてご紹介します!

 

「ドラゴン桜」のキャスト!先生役は?

桜木建二:阿部寛

主人公で、龍山高校の教師に着任。

元暴走族のリーダーで、弁護士になったという異色の経歴を持つ、桜木法律事務所所長。

学生時代に警察に捕まり改心し、東大に合格。

しかし東大には進学せず、独学で弁護士になった。

東大合格者5人を出すと宣言し、龍山高校に特別進学コースを増設した。

 

「ドラゴン桜」の先生役の詳細

「ドラゴン桜」で先生役を演じたのは、阿部寛さんでした。

あの低い声と高身長で教壇に立つ姿、皆さんも思い出したことでしょう。

阿部寛さんは、1964年神奈川県出身で現在54歳。

40歳を過ぎても独身でしたが、2008年に結婚し、2人の娘さんのパパでもあります。

 

メンズノンノのカリスマモデルとして活躍後、俳優の道に。

不遇の時代がありながらも、脇役としての地位を築き、仲間由紀恵さん主演のドラマ「TRICK」で三枚目を演じ再ブレーク。

現在でもドラマ、映画などで活躍する日本を代表する俳優さんです。

 

「ドラゴン桜」の概要は?

元暴走族で弁護士に成り上った、主人公で貧乏弁護士の桜木建二がバカ高校から東大合格者を出すまでを描いた学園ドラマ。

マンガが原作で受験のテクニックが多くかかれていますが、ドラマでは受験までの生徒の成長や人間関係などに重きが置かれています。

このドラマには、当時NEWSに在籍していた山下智久、長澤まさみ、中尾明慶、小池徹平、新垣結衣、サエコが生徒役として出演。

現在ではそれぞれ俳優として活躍している、彼らの初々しい高校生役も見どころの1つ。

 

「ドラゴン桜」のキャストまとめ

「ドラゴン桜」のキャストに関する記事、いかがでしたか?

放送から10年以上経っていますが、今でも根強いファンが多いこの作品。

世間でも一大ブームとなり、当時は東大受験者数が増加したとか。

今では日本を代表する俳優陣が多く出演していたのも、意外ですよね!

この熱い学園ドラマ「ドラゴン桜」、オススメ作品の1つです。

是非、一度ご覧になってみて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930