Just another WordPress site

menu

ドラマのキャスト総合館

★古畑任三郎すべて閣下の仕業のキャストのはまり感がすごい!

古畑任三郎第3シーズンが終了してから、なんと5年の歳月を得て放送されたのが、この「すべて閣下の仕業」です。

本作では原点の古畑任三郎に帰るべく、古畑VS犯人の対決感が根強く出ています。

いまや古畑任三郎シリーズには切って切れない名物キャラ、今泉や西園寺も登場しません。

 

さぁ、そんな古畑任三郎「すべては閣下の仕業」、強烈なキャストをご紹介します。

 

古畑任三郎 すべては閣下の仕業キャスト紹介!

黛 竹千代(まゆずみ たけちよ)【演:松本幸四郎】

本作の犯人である黛。

外交官で、日本の特命全権大使という外交官のトップです。

古畑も黛の事を「閣下」と呼び、敬意を表していました。

貧しい国民性の南米の某国で、贅沢な暮らしを送っていた黛は、その資金源として地元企業と癒着していました。

 

殺人事件の真犯人と暴かれた後、拳銃(リボルバー)を使い自室で自殺してしまいます。

古畑が唯一、犯人の自殺を黙認した相手であり、後々まで古畑の心に引っ掛かっているのでした。

 

川北 健(かわきた けん)【演:及川光博】

参事官である川北は、黛が地元企業と金で繋がっている事を知り、その事をマスコミにリークしようとします。

その事で黛と激しい言い争いになり、側にあった壺で撲殺されてしまいます。

川北殺害の発覚を恐れた黛によって、反日過激派によって誘拐・殺害されたものと偽装されてしまいます。

 

ガルペス【演:田中要次】

現地大使館で採用された使用人(アルバイト)です。

現地の人と思われていましたが、実は顔が濃いだけの日本人で、現地の言葉(スペイン語)の読み書きはほぼできません。

黛によって、川北殺害犯の身代わりに仕立て上げられてしまいます。

 

古畑任三郎 すべて閣下の仕業 裏話

本作設定は刑事コロンボ「ハッサン・サラーの反逆」より

大使館の人間が職員を殺害し、その罪を過激派の仕業に見せかける・・・。

この設定は、刑事コロンボの「ハッサン・サラーの反逆」からの引用となります。

 

「SMAPXSMAP」にガルペスのモデルが登場

「SMAPXSMAP」というバラエティー番組で、木村拓哉さんが古畑任三郎を演じるパロディ”古畑拓三郎”というコーナーがありました。

このコーナーで、三谷幸喜自身が脚本を書いたことがあります。

その際に「見た目は日本人だが、実は日本語ができないペルー人」という人物が登場します。

その人物の名前が”ガルペス”、本作のガルペスと同名です。

この時のアイディアが、本作内でも用いられました。

 

古畑任三郎 すべて閣下の仕業キャスト まとめ

古畑任三郎を演じる田村正和さんと、犯人・黛を演じる松本幸四郎さんという、日本きっての名優が激しい推理戦を繰り広げる本作は、古畑任三郎ファンの中でも名作の1っに上げられています。

 

さらに、濃い顔のキャスティングとしても注目を集めた本作品です。

是非とも今回の記事とともに、実際に動画も見て、お楽しみ頂ければと思います。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2018年11月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930