Just another WordPress site

menu

ドラマのキャスト総合館

★映画キックアスのキャスト!あの人がまだまだ幼い

映画『キック・アス』のキャストをご紹介します。

『キック・アス』は2010年に公開された映画ですが、原作はアメリカのコミック雑誌です。

本作には「世界で最も美しい顔100人」に、常に上位で選ばれているアノ女優さんが、わずか11歳の時に出演しています。

 

では、早速『キック・アス』キャストをご覧下さい。

 

映画キック・アス キャスト紹介!

デイヴ・リズースキー(キック・アス)【演:アーロン・ジョンソン】

本作の主人公 デイヴ・リズースキーは、アメリカン・コミックのスーパーヒーローに憧れる、ちょっと冴えない青年です。

ヒーローに憧れるあまり、ヒーロースーツに身を包み、自らヒーローとして活動します。

ですが、特に訓練を受けた訳でも、特殊能力がある訳でもないデイヴです。

 

そんな主人公を演じるのは、イギリス人俳優の「アーロン・ジョンソン」です。

”アンナカレーニナ”やハリウッド版”ゴジラ”などにも出演している、実力派俳優です。

現在、23歳年上の妻の旧姓にあわせて「アーロン・テイラー=ジョンソン」という名前になっています。

 

ミンディ・マクレイデイ(ヒット・ガール)【演:クロエ・グレイス・モレッツ】

幼く可愛らしい外見とは裏腹に、暴言を吐き、巧みに武器を使いこなして任務を遂行する暗殺者です。

 

そんなミンデイ・マクレイデイことヒット・ガールを演じるのは、クロエ・グレイス・モレッツ。

アメリカ出身の女優さんです。

芸能活動は5歳の事から行っていますが、彼女を一躍有名にしたのは、このキック・アスです。

 

後に彼女は、ヒット・ガールを演じるにあたり、「キル・ビル」という映画を参考にし、アンジェリーナ・ジョリーから一番影響を受けたと語っています。

 

デイモン・マクレディ(ビッグ・ダディ)【演:ニコラス・ケイジ】

ヒット・ガールの実の父親であり、彼女に戦術を教え込んだ張本人です。

彼は妻の命までも奪った犯罪組織に復讐するべく、娘のミンデイに戦術を叩き込み、自分も一緒に活動します。

数々の映画に出演されていますが、1996年「リービング・ラスベガス」でアカデミー主演男優賞を獲得し、ハリウッド映画界の中で確固たる居場所を見出したのでした。

 

映画キック・アス キャストまとめ!

ヒット・ガールを演じたクロエは、当時11歳。

11歳ながらも存在感のある演技を披露し、瞬く間にハリウッドスターへと昇りつめたのでした。

 

現在では美しい大人の女性に成長したクロエ。

そんなクロエの、幼いながらも迫力ある演技を、どうぞ映像でもご覧下さいね。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930